歯並びをキレイにして見た目と健康をUP 歯並びをキレイにして見た目と健康をUP

出っ歯やすきっ歯など、歯並びに乱れがあると、お顔の印象はマイナスになりやすいもの。また、歯ブラシが届きにくい場所が多いため歯に汚れが残りやすかったり、発音がしにくかったりと、さまざまなデメリットがあります。

矯正治療は、歯をゆっくりと動かすことで歯並びや噛み合わせの乱れを正常に整える治療。見た目を良くするだけでなく、お口の機能も改善させることができます。

矯正治療のメリット 矯正治療のメリット

見た目の改善

見た目の改善

歯並びが乱れていると、お口だけでなくお顔全体の見た目にも大きな影響が出ます。矯正治療によって歯並びを正しく整えると、お顔の印象も良くなるでしょう。

予防に効果的

予防に効果的

歯並びや噛み合わせが整うと歯磨きがしやすくなります。その結果、汚れが溜まりにくくなり、結果としてむし歯や歯周病を予防しやすくなります。

発音の改善

発音の改善

歯並びの乱れによって発音に問題が生じていた場合、矯正治療を受けることで空気の漏れがなくなり発音が改善することがあります。

劣等感の解消

劣等感の解消

歯並びの乱れなどによる見た目のコンプレックスがある場合、矯正治療を受けることで歯並びが整い、コンプレックスの解消につながることがあります。

当院には「矯正担当医」がいます 当院には「矯正担当医」がいます

杉並区高井戸の歯医者「佐藤歯科クリニック」では、矯正治療を専門とした担当医を月2回のペースで招いています。矯正に関する疑問や不安、歯並びの悩みなど、詳しくは当院までお問い合わせください。専門医が丁寧にお答えします。

矯正担当医  佐藤麻衣
矯正担当医 佐藤麻衣

【略歴】

日本大学歯学部 卒業

【所属団体】

日本矯正歯科学会 認定医
日本矯正歯科学会 東京矯正歯科学会 所属
日本大学歯学部付属歯科病院 歯科矯正学講座非常勤医員

矯正が必要な歯並びとは? 矯正が必要な歯並びとは?

上顎前突(じょうがくぜんとつ)
上顎前突(じょうがくぜんとつ) 上の歯列全体、もしくは上顎が大きく前に突き出ている状態で「出っ歯」とも呼ばれます。上顎の過成長、下顎の成長が不十分、生まれつき下顎が小さいことで起こります。
反対咬合(はんたいこうごう)
反対咬合(はんたいこうごう) 下の歯列全体、もしくは下顎が大きく前に突き出ている状態で、「受け口」とも呼ばれます。食べ物がうまく噛めず、発音に影響が出ることもあります。
過蓋咬合(かがいこうごう)
過蓋咬合(かがいこうごう) 正面から下の歯が見えないほど、上の歯列が下の歯列に深く被さっている状態です。歯によって歯ぐきが傷つきやすく、物が噛みづらくなります。発音にも影響が出ることがあります。
叢生(そうせい)
叢生(そうせい) 歯がでこぼこにズレていたり、重なって生えていたりする状態です。顎に対して歯が大きすぎる場合や、顎が小さく歯が並ぶスペースが足りない場合などに起こります。
開咬(かいこう)
開咬(かいこう) 奥歯を噛み合わせたときに上下の歯に隙間ができる状態です。前歯で物を噛み切ることができず、空気が漏れやすいため、発音に影響が出やすくなります。

矯正装置のご紹介 矯正装置のご紹介

メタルブラケット
メタルブラケット 金属製の装置とワイヤーを使用する、従来からもっとも多く行われる矯正装置です。強い力でしっかり歯を動かすことができます。
クリアブラケット
クリアブラケット 構造はメタルブラケットと同様ですが、透明なブラケットを使用するため、まわりからは矯正していることがわからない「目立たない矯正」ができる装置です。
リンガルブラケット
リンガルブラケット 一般的な矯正装置は歯の表側に装着するのに対して、歯の裏側に装着する装置です。外からは矯正治療をしていることがわかりません。
床矯正
床矯正 顎に取り付ける入れ歯のような装置です。顎を少しずつ拡げていくことによって、歯が正常に生えるためのスペースを確保します。
  • ページの先頭へ戻る

ページの先頭へ戻る